ゆとり世代のゲイ生活

仕事・ゲイ活・飲食店の紹介などを書いていきます‼

自分って…何がやりたいんだろう…悩んだ結果は!?

 

 

夜だから悩みやすい時間なんだけど…

 

 

現職ではwebに…

そして今転職活動でも、

web系やエンジニア系を受けています!!

 

 

でもね…正直に言うと…

 

「俺って、この仕事が本当にやりたいのかな?」って思うよね…

 

今日も面接が終わってから、ずっとモヤモヤしてた(;´・ω・)

 

 

確かに、web系に入れば手に職はつけられるけど、

本当に自分がやりたいことなのかな?

自分らしいのかな?って考えちゃうんだよね。

 

 

だってさ、面接の時に受け答えを考えて、

自分を無理に作ってるんだもん!!

 

面接って、そんなもんなんだけど、

無理に自分を飾ってるから、

イレギュラーなことを質問されるとさ、

答えられない自分がいるんだよね。

 

 

本当に、それがやってみたかったら、

自然に答えって出てくると思う。

 

 

 

そう考えた時に、

一番自分らしくいられたのって…

なんだかんだ言いつつも「サービス業」

いた時なんじゃないかな?って思ったんだよね。

 

 

僕は人見知りで初対面の人は苦手だけど、

でも、それを悟られないように

自分から話すようにはするんだよね。

 

だから周りには…

「しゃべるの好きだよね」

「話しやすい」

とか言われることが多かった!!

 

 

面接官にも

「アクアさんって友達多そうですよね」

「性格明るそうで、誰とでも親しくなれそうだよね」

って言われることも過去にあった!!

 

 

サービス業の時はお客さんに

 

「お兄さん優しいよね」

「この前旅行いってきたから、お土産」

「お兄さん覚えててくれるし、話してると楽しい」

 

って言われることも多くて、

勤務中なのにお客さんに捕まって、

話混んじゃう時もあった!!

 

 

サービス業は、

クソみたいなアルバイト・パートも多くて、

振り回されて疲れたけど…

 

異動や辞める時は…

「アクアさんがいたからバイト楽しかった」

「お世話になったんで、みんなからプレゼント」

って感謝もされた。

 

 

なんだかんだで、人と対面で接して、

相手の立場に立って物事を考えて、

感謝されることが一番自分らしいんじゃないか?

って、異業界に行ってから思った!!

 

 

だからサービス業の時に、

30連勤、40連勤や100時間を超える残業も

耐えられたんじゃないかって…

 

正直…そんな残業や連勤したら、辛いよ?

辞めたくなるし、ズル休みしたくなるよ?

 

でも…気づけなかっただけで、

楽しかったから続けられたんじゃないかって思うんだよね(*´ω`*)

 

 

 

ただ、周りが結婚や子供産んで落ち着いてきているのにとか、

生き残るためには手に職!!ってニュースやネットで見て、

俺も手に職をつけなきゃ!!って焦って転職してしまった気がする…

 

 

サービス業は激務だし、

残業も多く、休みもないけど、

今は労働基準がうるさくなってきているから、

見直してる会社も多いから、

管理がしっかりしている会社を選べば良いんだ!!って思った。

 

 

20代後半…

異業界転職ができるのは、

この年齢の時だけだけど、

自分はゲイだから自分が生きていければいいし、

やりたいこともハッキリわからないけど、

色々悩んで、相談して、自分の武器に気づけたと思う。

 

 

再度、元の場所に方向転換していくのも

ありなのかもしれない!!