内向型ゲイのブログ

内向型のゲイが思ったことをマイペースに書いていくブログ

webデザインスクールに通う

f:id:aquablue751:20201103134133j:plain

珍しく続けてブログを書きます!
いきなりですが…『webデザインスクール』に働きながら通うことにしました。

最近、SNSやネットなどでも賛否が分かれているwebスクール。正直不安もありますが、これからできることを増やすためにも、独学でやってきたことも合わせてスキルをより積んでいこうと思います。

今日はwebデザインスクールに行こうと思ったきっかけと、見学に行った感想を記録に残すためにも書いていきます(^^)

webスクールに通う方の参考になったら幸いです。

 

 

webデザインスクールに通いたいと思ったきっかけ

f:id:aquablue751:20201103134154j:plain

仕事をきっかけにwebデザインのスキルを身に着けたいと思ったとい単純な理由からです。


正直いうと、webデザインには前から興味がありました。web業界に入る時もデザイン志望でしたが、全くのスキルなし・実務もなしだと20代でも厳しく挫折。

 

その時に、webマーケティングの仕事を知り、独学で基礎を勉強してwebマーケの道を歩んでいきます。まだまだ未熟ですが、今はwebマーケの仕事に就いて良かったと思っています。

そして前職でマーケターとして分析結果から改修提案をしていく中で、依頼時にデザインの知識が必要だなと思うことが多々ありました。

そして、少人数制の会社だったため、デザイナーさんから「いっぱいいっぱい」と聞いた時は、独学で勉強してバナー程度の作成をサポートして行くことになり、「デザインやりたいなぁ」と思うようになります

そして、現職に転職して営業・事務・広報を幅広くやっています。やっと最近、webの仕事が入ってきたものの、グラフィックデザインだったり、サイト制作を求められることの方が多くなりました。

独学では追いつけないと思い、半強制的に学ばざるを得ないwebデザインスクールへの入学を決めました!

最初は会社が出すという話でしたが、高額な部分と今僕しかweb担当がいないので、そこまで投資する必要(人材)はないと判断され、負担の話はなしになりました…。

自分がやりたいのもありますが、今後のことも考えて出来ることを増やそうと思います!!!

 

webスクールは賛否分かれる

f:id:aquablue751:20201103134313j:plain

デザイナーやエンジニア育成のwebスクール。最近よくweb広告やTVCMで見かけることが多くなりましたよね!

就職・転職率もかなり高い上に、フリーや在宅で働けるという理想を実現できる、まさに夢のよう。でもそのwebスクールも、良いという声もあれば悪い声も聞きます。

■高額なのに手取り足取り教えてもらえなかった
■実務に近いスキルを身に着けるのは困難

■通っても脱落する人が多い
■ツールの使い方のレクチャーだけ など


就職・転職率が高い理由も、そこに行くまでに脱落する人が多く、残った人つまりスキルを身に着けた人が就職・転職に成功するからという話もあります。

「実務に近いスキルを身に着けられない」「高額なのにPhotoshopIllustratorだけだった」という話を聞くことがかなり多いですが、IT/webは特に【自分で調べて実践していく】が強い世界。

足りない部分は自分で補填するか、スクールの先生に積極的に聞く姿勢は必須なのかなと思います。あとは、スクールによりけりなので見学にいくことが必須になってきます。 

 

 

webスクールに見学に行った感想

f:id:aquablue751:20201103134219j:plain

webスクールに見学に行くと、授業風景スクール・先生の雰囲気リアルに感じることが出来ます。

ただ注意が必要なのが、webスクールの概要や案内をしてくれる方は「入学してほしいので良い事しか言わない」です。なので、純粋な人は騙される可能性は高いなと感じました。

また、どんなネガティブかつ障壁になることを質問をしても、ポジティブかつ前向きに返してきます。返答に対しては100%受け取るのではなく「自分の目的を達成できるのか」「自分に合う進め方なのか」を自問自答して考えた方が良いと感じました。

 

僕が見学に行ったwebスクールの感想を簡単に書きます。(正式名称は避けています)個人的に感じたことなので、あくまでも参考程度にお願いします!

 

H社

【良かった点】

■オンラインでも受講可能
■受講料が他社よりも安い
■大手のネームバリューもある


【懸念点】
■テキストが市販品で代用できそう
■案内者の営業の押しが強い

前職の後輩が見学にいっていたので、事前情報はありましたが個人的には微妙でした。ネームバリューはありますが、可もなく不可もなくという感じです。

 

I社

【良かった点】

■老舗のwebスクールで歴史がある(カリキュラムがしっかりしている)
■学校のような授業スタイル and 個別スタイルの両方で学べる
■母体が制作会社なので就職・転職にも強そう
■個別指導で先生に質問も可能
■見学案内の人が話しやすい
■職種ごとのコースもあれば、学びたいスキルのみを選ぶことも可能
■web系の仕事就いている人は仕事の相談もできる


【懸念点】
■雰囲気が暗い印象を受けた(受付の人・授業の先生など)
■他社に比べると授業料が高い
■授業をする先生のマニュアル通り感がある

老舗webスクールなので、カリキュラムもしっかりしていて、授業スタイルも多岐に渡るので、PCスキルがないなど全くの未経験者には良い環境だと思いました。ただ、個人的には「何か雰囲気暗いなぁ」と感じです。

授業を行う先生は現役だそうなのですが、体験授業を受けた時にマニュアル通りの教え方という印象が残りました。

 

 

D社

【良かった点】

■入学者しか見れない動画や限定イベントが豊富
■現役のwebデザイナーに質問できる環境(最先端の情報が聞ける)
■オンライン学習でも先生にチャットやオンラインで質問可能
■通っている方・先生方の雰囲気が明るい
■特定の校舎はwebで有名な企業が監修している
■コースの組み合わせで割引が効く
■就職・転職活動も複数企業へのプレゼン・個別紹介など様々


【懸念点】
■基本的には動画を見て自ら学習(人によって賛否わかれる)
■わからないことは自らデザイナー(先生)に質問する必要がある
■複数人の授業スタイルで手取り足取りという感じではない

僕の友人がここのスクールに通って、現役のwebデザイナーになった方がいました。話を聞くと動画を見ての講習なので、独学と変わらないと感じることもあったそうです。

僕もその部分は懸念していましたが、独学で若干被っているので動画で自分のペースで進めてわからない所を聞くスタイルが合っていると感じました。(ここに入学を決めました)

また、未経験からweb制作系や動画系に就職・転職を考えているなら、様々な活動方法があるD社が良いと思いました。

webで別の職種で働いていて、デザイン・制作のスキルが必要になった人は実践的な知識を身に着けられそうです。

あとどうでも良い事ですが、説明をしてくれる人がイケメンでした!営業としては上手いと思ったのが個人的な感想です。

 

 

まとめ

f:id:aquablue751:20201103134410j:plain

webデザイン・制作のスキルが必要になり、webデザインスクールに通うことを決めました。

ただ、webスクールは「高額なのに実践的なスキルが身に着けられない」「カリキュラムが厳しい」など様々な問題が上がっています。なので、見学や他の方からも話を聞いて、自分の目的やスタイルに合えば入学しても良いのかなと思います。

見学は1社ではなく、複数社いって比較して体験授業も参加すると入学後のイメージがつきやすいので、うまく活用した方が良いです。

僕はこれから通うので、本業との両立ができるのか正直不安です…。でも、自分で決めたことなのでやりきろうと思います!

 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村