内向型ゲイのブログ

内向型のゲイが思ったことをマイペースに書いていくブログ

無理を続けると身体を壊す

こんばんは!
最近バタバタしていたのと、数年ぶりに体調を崩してここ数日寝込んでいました。

魘されて眠れない程の高熱だったのと、このご時世なので病院にも行ってきました。診断の結果は「風邪」

安心はしたものの、思い返すと「仕事」「webスクール」「副業」と3つのことを休みなく続けていたので、さすがに身体が悲鳴を上げたんだなと反省しました。

20代の頃のように、無茶が効かなくなってきたと30歳になってから日々感じます。

あとは、仕事の悩みで眠れなかったのも原因なのかなと思い、考えをまとめるためにブログにしました!

 

休まずに続けた4ヵ月

以前から続けていた副業にプラスして、12月からwebデザインのスクールに通い始めました。

最初は本業に活かすためでしたが、本業でwebの仕事が出来なくなってからは、自分のためにwebデザインのスキルを身に着けることに方向転換しました。
課題もあって大変だけど、少しずつできることが増えてきて、自分的には嬉しいの連続でした。

ただ、仕事のことで悩み、副業もこなして、webデザインスクールに行くことで、ちょっと疲れてるなぁと自覚はあったものの、自分のためと言い聞かせながら続けていました。

睡眠時間も削っていたので、この疲れが見事に溜まっていたんだなと今だから思います。

 

一番のストレスは本業!?

副業は自分である程度コントロールでき、webスクールはカリキュラムがあるので、スケジュールの大変さは想定できていました。

ただ、中でもストレスだったのは本業。

間もなく、転職して1年が経つんですけど、自分でもビックリするくらい何も貢献できていない。正直、お荷物とすら感じる日々。

入社して1週目で割り振る仕事が決まっていなかったり、僕が何ができる人なのかわかっていない時点で、初期からミスマッチすら感じていました。


最近、上司から聞いてわかったことは、会社の人達が『web会社で何でもやってきた凄い人』という勘違いのイメージを持っていたこと。

前職では、広告運用やSEO記事を書いたり、デザイナーさんとやり取りしてLP作ったりしていたけど、それが今の会社で「記事や資料作成も何でもできる」「外部とのやり取りあるから営業とかもいけるでしょ」など、間違った認識を持たれていた。

だから、「webの仕事だけではなく色々やらされているんだ」と話が繋がりました。

実際、顧客折衝の営業はやったことないし、外部の方とはオンラインで話すこともあったけど、基本はチャットでのやり取り。

この擦り合わせは確かに面接でしていないから、認識違いのミスマッチが起きるのも仕方ない。ただ、周りが期待する以上の仕事はお世辞でもできているとは言えない。

できる人なら、これをポジティブに捉えて上手く立ち回るんだろうけど、自分はそこまで器用じゃないし、そつなく何でもこなせるタイプでもない。

会社の社風的にも、そんなネガティブなことは言えず…かといって業務のことを相談できる人もいない。

それがわかった瞬間、何かが崩れて…1年面談でも『何もできていない受け身な人だね。』と言われて、事実でもあり何も言えず…。

直属の上司には本音を伝えたけど、1年の離職は会社の評価も下がるので『AQUAくんにはいてほしい』とは棒読みでいうものの、会社にいることが日に日に苦痛になっていた矢先の風邪。

体調管理ができていないのもあったけど、今まで溜まったことが風邪として表れたのかなぁとすら思う。(何かメンヘラみたい…)

『この会社の人達はこうだから、自分も同じように』とか『周りにこう思われちゃうから』って考えになっているのも、少し危険だなぁと感じる日々です。

 

 

まとめ

いつもながら、「何がいいたいのかわからないブログだなぁ」と読んでいて思います。てか、自分のこと書くの本当に苦手…

無理矢理まとめると、「疲れたなぁ」と少しでも感じた時は「自覚できている内に休みましょう!」ってことです。

 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村